Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





朝の日光浴で幸せ&健康になる理由

f:id:emu777:20180511153527j:plain


おはようございます。生活リズムアドバイザー、健康リズムカウンセラー、健康管理士一般指導員のemuです。

先週は曇りや雨の日が続き、「何となく気持ちが落ち込んでしまうな」とか「体が怠いな」とか、心と体の何となくの不調を感じた方も多かったのではないでしょうか。

もしかしたらそれは「太陽光不足」が原因かもしれません。

4月〜10月は「太陽光を避け、いかに紫外線を浴びないようにするか」という紫外線対策ばかりが声高に注意喚起される時期。

紫外線は肌の深部にまでダメージを与えて肌のバリア機能を低下させますし、体の酸化を促進して老化を早めるので、紫外線対策は美容&健康にもちろん大切なこと。

けれども一方で、太陽光は人間の心と体の健康、そして幸福感に必要なものでもあるのです。

そこで本日は、太陽光(朝の日光浴)で幸せ&健康になるメカニズムについて解説します。

皆さんの「何となくの不調」解消のお役に立てれば幸いです。

 

 

太陽光と幸せホルモン・セロトニンの関係

・太陽光と幸せの関係

精神的、身体的に大きな影響を与えている神経伝達物質の1つである、幸せホルモン・セロトニン。

人間には、太陽光を浴びると幸せホルモン・セロトニンが分泌されるという体のメカニズムがあります。

太陽光を浴びない=幸せホルモン・セロトニンの分泌が減るということ。

晴れの日であれば、多くの方が意識しなくても太陽光を浴びていると思いますが、曇りや雨の日が続くと幸せホルモン・セロトニン不足も顕著になります。

個人差はありますが、不安感や気持ちの落ち込みなど、特別な理由がなくても何となく鬱々とした精神状態になってしまうのです。

冬季うつ病などは、この日照不足によるセロトニンの減少により発症するもの。

また、うつ病患者のほとんどがセロトニン不足であるというデータもあります。

 

・太陽光と健康の関係

一般的に、人間の体は太陽光(強い光)を浴びる(見たり感じたりする)ことで、脳や体が目覚め、その活動を開始します。

体の各器官はリズムによって機能しているため、太陽光を浴びないことで体内リズム(体のメカニズム)が狂い始めると、体の様々な器官が正常に機能しなくなり、体が怠い、重いなどの体の不調を感じやすくなるのです。

また、ハッピーホルモン・セロトニンは、夜になると良質な睡眠へと導く睡眠ホルモン・メラトニンに変化するのですが、セロトニン不足によりメラトニン不足も招き、睡眠不足や睡眠の質の低下などにもつながります。

 

 

 

朝の日光浴が幸せ&健康にいい理由

上記のことから、太陽光は人間の幸せ&健康には必要不可欠なもの。

朝、太陽光を浴びる必要性があるのは、人間の体内リズムを整えるためです。

紫外線対策としても早朝はおすすめ。

1日の紫外線量のピークは14時〜15時前後なので、朝は1日の中では紫外線量が少ないのです。

春〜夏であれば、日の出の時間も4時〜5時台とかなり早いので、個人的には7時ごろまではそこまで紫外線を気にしなくてもいいのではないかと思います。

ただ最近は、7時ごろには日差しが強いな、と感じる日も多いので、気になる方は日焼け止めを塗って紫外線対策を。

紫外線対策として、サングラスをかけて視覚からの情報を遮断する方法もありますが、朝は太陽光を目で見ることが大切なので、サングラスは控えた方が◎。

また、余談になりますが、ガーデニングや家庭菜園などで植物を元気に育てる秘訣として、朝の日光を当てることが大事だと言われています。

昼間と朝ではその影響が全然違うようなので、朝の日光には色々とパワーがあるようです。

 

 

曇りや雨の日の対策

曇りや雨の日など、悪天候で太陽の日差しがない朝や、朝の太陽光を室内に取り込むのが難しいという方は、起床時間に合わせて部屋の電気をつけるのがおすすめです。

最近の研究では、300ルクス程度の光でも長時間浴び続けると、睡眠ホルモン・メラトニンの分泌が抑制され、幸せホルモン・セロトニンの分泌に切り替わることがわかっています。

リビングなど一般的な室内照明の明るさは500~700ルクス程度なので、暗い室内よりは目覚めやすくなります。

また、すぐにはベッドを出られない!という方は、まずはスマートフォンなどを見て目を慣らしてみましょう。

ただ、幸せホルモン・セロトニンの分泌が活性化するには2500ルクス以上の明るい光が必要とのことなので、目覚めの切り替えのきっかけくらいにお考え下さい。

(参考までに…朝日は10000ルクス、コンビニは1500ルクスくらいだと言われています)。


 

通学や通勤など、多くの方が、晴れの日であれば、朝から自然と太陽光を浴びる生活を送っていると思います。

けれども梅雨時など、先週のように曇りや雨の日が続いた後は、幸せホルモン・セロトニンが不足がちに。

そんなときは、晴れた日の朝、日光浴を意識的に行ってみてください。

また、何となくの心身の不調を感じながらもその理由が思い当たらない方にも、朝の短時間の日光浴はおすすめです。

もしかしたら自然と不調が治るかもしれません。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

朝の日光浴で、皆さまの幸せ&健康が維持されますように。