Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





幸福感で治癒力が高まる?友人が教えてくれた人間の神秘

f:id:emu777:20180422231448j:plain

 

まず始めにお断りしておきたいのは、これはとても個人的な体験で、医学的な根拠などは何ひとつないということです。

でも、私にとっては事実です。

 

先日、病気で外科手術をした友人が無事に退院しました。

予定よりも約1週間早い退院でした。

友人に病気が見つかったのはちょっと前のこと。

その頃の友人は人が変わったようになって様子がおかしいと感じていたので、病気のことを聞いたとき、過度のストレスが原因なのではないかと思っていました。

その後、友人はいつもの人柄に戻りました。

やはりあの頃は友人の中で何かがおかしくなっていたのだと思います。

そして、病名は避けますが、突然のことに、最悪の事態も含めて今後のことを考えていました。

会社も休職し、最低でも1年は闘病生活を送るだろうという想定もしていました。

その頃はかなりシリアスでした。

 

けれども、決まっていた手術の日程が先延ばしになった頃から、友人の思考がポジティブに変わりました。

なんと手術前に、3カ国をまわる海外旅行に出かけたのです。

そして心身ともにエネルギッシュになって手術に臨みました。

手術は無事に終わりました。

こちらの心配をよそに、友人は術後からとても元気だったとのことでした。

身体の一部を切除する6時間前後の外科手術を行ったにも関わらず、翌日には外出までしたそうです。

驚きでした。

友人も、自分の元気と回復力にビックリしていました。

 

友人の一件から、ストレスは本当に万病の元だ、と学びました。

同時に、ストレスがなく、幸福感が高い水準で保たれている時というのは、人間の治癒力、回復力も高まるのだと教わりました。

心身のコンディションでこんなにも人間の治癒力・回復力は違うのかということに驚かされました。

 

教科書には、手術の前に気晴らしに海外旅行をすると回復力が上がる、なんてことは書いていません。

病状によっては、静かに過ごすべきなのかもしれません。

ですのでこれは個人的な感想ですが…

幸福感などのポジティブな感情が私たちの健康面に大きな影響を及ぼすということは事実なのではないかと思いました。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

健康に関する様々な情報があふれる時代ですが、一番の健康法は、もしかしたら「日々穏やかに、幸せに過ごすこと」なのかもしれません。