Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





ハッピー詣で〜硬貨の効果?硬貨に願いを込めるお賽銭

f:id:emu777:20180110222636j:plain


こんばんは。

年始のお休みモードも少しずつ薄らぎ、いよいよ2018年も本格始動、という雰囲気になりましたね。

初詣というには少々遅いですが、今朝、遅ればせながら近所の神社にご挨拶に行ってきました。

(ちなみに写真はお伊勢様です)。

 

最近は年始に限らず、気軽に神宮、神社に参拝する方が増えましたよね。

私も何かを決意した時や不調の時、ふと思い立った時などに、その時の状態や気持ちに合わせて行きたい場所へ参拝に出かけてパワーをいただいています。

そして最近、参拝時に変えたことがあります。

それは「お賽銭」。

以前は、いつどこで参拝してもいいように5円をかなり常備していました。

でも、お社がたくさんある場所ではやはり5円だけだと足りなくなってしまうんですよね。

そんな時に思いついたのが、自分用の語呂合わせの縁起担ぎです。

これで5円がなくなってしまっても、お賽銭に悩むことはなくなりました。

 

・1円…1番、1つのことに集中

・5円…ご縁

・10円…自由

・50円…五重の縁

・100円…飛躍

 

お賽銭の意味や起源には諸説あるようで、色々な意味が込められていますので、あくまでも上記は私用、です。


例えば10円は一般的には「遠縁」、縁が遠ざかるために良くない効果があるという考えがあるそうなのですが、私個人の考えは「自由」と「遠縁」はある意味同義語だということ。

京都の有名な縁切神社「安井金比羅宮」の縁切りの発想と近いのですが、不要なしがらみや人の縁などもこの世にはあって、そういうものに縛られてしまっていることもあります。

そんな時、そういう自分にとって不要なものから解放されて自由になることは、決して悪いことではないと思うのです。

そういう意味でも10円は私の中では良い硬貨となっています。


ただ、もうひとつ縁起が悪いと言われている500円の「これ以上大きな硬貨(効果)ない」という考え方には同意する部分もあり、使う時は考えるようにしています。


ちなみに、縁起がいいとされているお賽銭は、

・11円(いい縁)

・25円(二重にご縁)

・45円(始終ご縁)

などがあるようです。

 

また、枚数にも色々と意味が込められているようなので、ご興味ある方は調べたり、ご自身で作ってみてくださいね。

本来、お賽銭とは神様へのお供え物なので、神様からしてみれば、お賽銭に込められた思いよりも、お賽銭の仕方やお参りの時の参拝方法などの方が気になるところではないかなと思います。

ですので、お賽銭に思いを込めるのは自分のため。

神様の前で一種のコミットやアファメーションを行うことで、自分のモチベーションを上げるためだと思っています。

硬貨の効果で、ぜひ納得のいくご祈願をして、ご自身の幸せにつなげてみてください。


本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

皆さまの2018年の夢や目標、御祈願が美しく叶えられますように。