Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





女性ホルモンと年齢による体調の変化

 

前回の続きです。
女性が生きていくうえで切っても切れない「女性ホルモン」。本日は年齢とともに変化する女性の体と症状についてまとめました。

女性ホルモンのホルモンバランスや乱れによって、女性は心身ともに不調を招きやすいもの。女性はご自身の体のことを、男性は、身近な女性について知る・理解する知識のひとつとしてご活用ください。

 

女性の体の成長と変化

・思春期
初潮が始まってから月経が安定する18歳ごろまでの時期。子どもから大人へと体とともに精神的にも大きく変化する時期です。体の変化に心の発達が伴わないことで、心身のバランスが崩れやすく、心の問題や病気が生じやすくなります。女性ホルモンが安定せず、ニキビに悩むことも。

・性成熟期
18~45歳ごろまでの時期。女性ホルモンの分泌が順調になり、月経周期が安定し、心身ともに安定する時期です。成熟期の前半は体が妊娠や出産に最も適した状態になります。成熟期後半は卵巣機能が少しずつ衰えてきて女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下してきます。また、35歳ごろから肌の曲がり角を迎え、シミ、くすみ、目尻のシワなどが気になり始めます。

・更年期
45~55歳ころまでの閉経を挟んだ前後約10年の時期。45歳ごろからシミ、シワが増え、たるみも気になるようになります。40代後半あたりから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少します。こうした体の変化はのぼせ、ほてり、発汗、イライラ、うつ状態といった更年期の症状を引き起こします。また、骨粗しょう症、高血圧などの病気が現れやすくなります。

・高齢期
更年期を過ぎた55歳以降の時期。高齢期を迎えると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌がほとんどなくなり、体の老化が進んできます。肥満や骨粗しょう症に気を付けたい時期です。

 

女性ホルモンのリズムとライフスタイルの関係

女性の体と心の健康に深く関わっている女性ホルモンは、日ごろ肌の調子が悪かったり、気分が何となく優れなかったりと、ホルモンリズムはいろいろなところで女性の体調に影響します。
健康や美を手に入れるには、自分のホルモンリズムを把握し、ホルモンリズムを味方につけることが大切です。特に影響のあるエストロゲンの分泌量は20代後半から30歳をピークに下降するので、年齢とホルモン分泌量に合った心地よいライフスタイルを見つけてみてください。

次回は女性ホルモンと美容についてまとめてみたいと思います。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。

女性の皆様がホルモン分泌の乱れに振り回されることなく、心地よい生活をお送りできますように…。