Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





幸せは不幸の仮面をかぶってやってくる

f:id:emu777:20180512004019j:plain

 

20代のころ、仕事で辛い状況が続き、泣きながら相談をする私に、当時、一番身近で私を支えてくれた同僚がかけてくれた言葉があります。

それが、「幸せは不幸の仮面をかぶってやってくる」。

著名な方の名言をその人なりの言葉にしたものだったようで、後になって調べてみても誰の言葉かはわからないままなのですが、「災い転じて福となす」と似たような言葉で、「幸せは不幸の仮面をかぶっているからすぐにはわからないけど、それは幸せな道につながっていることだからがんばって」と言い続けてくれました。

その言葉はその時だけでなく、今でも折に触れ、私の心の支えになっています。

そして時がたつにつれ思うのは、年を重ねて立ち塞がる壁が大きくなるほど、その言葉の真実味が増す、ということです。
人生の転機となった事故のことも含め、抗えないような一見良くない出来事の後には、必ずと言っていいほど、自分ではまったく想像できなかった世界に身を置き、そこで様々な経験をして成長している自分がいるのです。

 

実は最近も、想像もしていなかった「もらい事故」のような出来事があり、生活環境の変更を余儀なくされる状況になりました。そういった経緯で久しぶりに「幸せは不幸の仮面をかぶってやってくる」という言葉を思い出したのですが、今ではもう不幸(不運のほうが合っているかな)は、「幸せへの転機」「幸せの前触れ」ということを知っているので、以前に比べて思考の切り替えが早くできるようになりました。

もちろん、出来事が起こった直後は落ち込みますし、色々なことを後悔したりもするのですが、世の中には自分では想像もできないような「より幸せなこと」も存在します。不幸(不運)は、そういうものとの出会いのきっかけとなるものなのかもしれません。 

 

ですので、もし、今、とてもつらい状況にいるという方がいましたら、今度は私がこの言葉を送ります。

「幸せは不幸の仮面をかぶってやってくる」

今の苦しみはきっともうすぐ終わります。
幸せはすぐそこにあります。
だからどうか、不幸の後ろに隠れている幸せに気づいてください。
そして、それは不幸な出来事だったのではなく、幸せの始まりだったことに気づいてください。

すぐには難しいことかもしれません。
でも、いつか知ることと思います。
その転機があったからこそできた大切な経験、出会えた人、幸せな未来があることに。


本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。
皆さまが不幸の後ろに隠れている幸せをすぐに見つけることができますように。