Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





お正月の胃腸疲れを癒す七草の薬効~お粥とみそ汁、香の物

 

明後日1月7日は五節供のひとつ、七草の節句/人日(じんじつ)の節句。春の七草を使った七草粥をいただく日です。

クセのある香草はあまり好きではなく、普段は家で白米を食べないのですが…野菜や果物はやはり旬の時期に食べるのが一番おいしいですし、栄養価も高いので、数年前から1月7日には七草粥を作って食べています。

そこで本日は、七草粥についてまとめてみました。

 

薬効が期待できる春の七草

野菜不足を補い、お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を休め、体調を整えるのに最適な野草、それが春の七草です。七草粥の風習は平安時代に始まり、現在のように春の七草で七草粥を作るようになったのは鎌倉時代。セリ、ナズナ、ハハコグサ(ゴギョウ)、ハコベ(ハコベラ)、コオニタビラコ(ホトケノザ)、カブ(スズナ)、ダイコン(スズシロ)の7種類の野草にはそれぞれ薬効があり、胃腸を整え、体を温め、粘膜強化に優れているのが共通した特徴です。消化に良いお粥に入れるので、胃腸に優しい食事とも言えます。

 

七草粥のレシピ

【準備するもの】

七草セット、白米、塩などお好みの調味料

【七草粥の作り方】

1.お粥を炊きます。
作り方は炊飯器の「おかゆモード」でも、普通のお鍋でコトコト炊いても、土鍋で本格的に炊いてもOKです。ご自身の作りやすい方法で。七草粥をおいしく作るポイントは米の研ぎ方。

2.七草を下ごしらえします。
かぶとミニ大根はよく洗い、ミニ大根は皮ごと約3mmほどの厚さの輪切りに、かぶは薄目のくし切りにし、熱湯でゆがき、柔らかくします。葉物もよく洗い、塩を入れた熱湯にくぐらせてから冷水で冷まし、水気を絞って細かく刻みます。

3.できあがり。
お粥ができたら、塩少々を加え、七草をさっと和え、できあがりです。

※七草は、七種類揃わなくても、春の七草と言われるものでなくとも、手近にある大根の葉、カブの葉、小松菜、三つ葉などの青菜類でも大丈夫です。

※七草は、全種類を一緒に茹でたり、同じお湯をくり返し使って茹でるとそれぞれの味も香りもなくなってしまうので、別々のお湯で別々に茹でるのが理想です。

※お粥はあまりかき混ぜず、サラリと粘り気を出さずに炊き上げるのがポイントです。

 

スーパーなどで七草のセットを買って、青菜の量が多すぎてお粥だけでは食べきれない、という方は、お粥以外の食べ方もおすすめです。(私はそうすることが多いです)。例えば、青菜はお味噌汁やお吸い物に、カブやダイコンなどはお漬物にしてお粥と一緒に。お粥だけでは物足りない、ちょっと飽きちゃうかも、という方にもおすすめですよ。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。
素敵な七草の節句をお過ごしください。