Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





冬を幸せに過ごす方法~地球によりそって生きる

 

11月7日は立冬。暦の上では冬の始まりです。

少々早い気もしますが、本日は冬の過ごし方をご紹介します。

 

冬は冬眠・休息の時期

冬は日照時間が短くなり、気温や水温が下がり、寒さが厳しくなります。そのため、自然と活動が鈍くなり、体の動きが鈍くなったり目覚めの悪さに悩まされたりするようになります。それは、野生の動物が冬眠するように、冬は本来休息の期間だからです。

また、活動量が減り、体が寒さに備えてエネルギーを蓄えるモードに入り、新陳代謝がゆっくりになり、食べた物を効率よくため込むようになることで、冬は太りやすいと言われています。

この自然の力に逆らって不摂生を重ねたり過労が重なると、体力や抵抗力が弱まってしまいます。さらに、寒さから身を守るために体がより多くのエネルギーを消耗するので、厳しい寒さに適応できず、免疫力が低下しやすくなり、体の働きが乱れて様々な不調が現れやすいので、体を休めるようにゆったり過ごすことがポイントです。

 

冬の寒さと対策

冬は環境の影響を受けて冷えやすくなる季節。エネルギーを内に蓄えることによって冷えから体を守っていますが、体は冷えやすく、この冷えが様々な不調につながる原因となるため、この時期は体を内側から温めることが必要です。

また、寒さは活動を鈍らせ、ストレスを感じさせます。そのため気温が低くて乾燥した冬は、その環境に体内リズムを合わせるために交感神経の働きが優位になります。

心筋梗塞、脳梗塞に要注意

寒い場所に出ると、身を縮めて寒さから体を守ることがありますが、同じことが血管にも起こっています。寒さを感じると寒冷刺激によって、私たちの体は血管を収縮させて熱の放散を防いでいます。この時、血管の収縮によって血圧が上がるため、動脈硬化に関係する病気の引き金となり、冬は心疾患や脳血管疾患などの病気が多くみられるようになります。

寒さによって血圧が上がりやすいケースは、寝ているときに起きてトイレに行ったり、朝起きてすぐに活動したり、暖房の効いた暖かい場所から寒い場所へと移動したりするときです。特に1日のうち起床時は一番血圧が高くなりやすいため、寒い朝は要注意です。

また、以下のように、温度の急激な変化を避けるようにしましょう。暖房がきいた室内と屋外との気温差が大きいことなどは、自律神経のバランスを崩す一因となります。

・屋外に出るときはしっかり防寒対策をとる
・室内のみでなくトイレや脱衣所も温める工夫をする
・夜間にトイレに行くときは上着を着用するなど、防寒対策をとる
・朝はゆっくり布団の中で過ごしてから行動する
・お風呂は40℃以下のぬるめのお湯にゆっくり浸かる

 

冬の食事と栄養

寒い冬は副交感神経の働きが低下し、小腸や大腸の筋肉が収縮を繰り返す蠕動運動機能が低下するため、便秘になりやすくなります。また、寒くなると排尿の間隔が短くなったり、乾燥によって気が付かないうちに気化熱として水分が放散されたりするため、必然的に水分不足を招くことも原因として挙げられます。大根やゴボウ、レンコンなどの冬野菜の多くは便秘解消に効果のある食物繊維を多く含んでいるため、積極的に摂りたいところです。

冬野菜は、秋までに成長を終えて冬まで根付いている野菜のことです。鮮度が保たれやすく、寒さから身を守るために糖度が上昇する野菜も多いため、ほかの季節の野菜よりも甘味が増すのが特徴です。体を温める働きもあるため、冬野菜をしっかり食べて代謝の良い体を作りましょう。

 

 

冬は、忘年会や新年会、クリスマスやお正月、慌ただしい年末年始などがあり、生活リズムが乱れがちです。寒さで体の機能も低下しています。健康管理に気を配りながら、無理せずゆったりと過ごし、元気に新年を迎えましょう。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。
皆さまが心地よく冬を迎え、そして心地よく冬を過ごすことができますように。