Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





ハロウィンにみるストレスと願望の実現・抑圧の関係~やりたいことはやろう!

 

明日はハロウィンですね。

今年は31日が月曜日ということから、28日の金曜日から土日を含めた4日間が盛り上がる期間のようですが、去年と比べ、盛り上がりには欠けているとの話もちらほら耳にします。(本番は明日なので、まだわかりませんが…)

ここ数年で大規模イベント化したこのハロウィン、渋谷や六本木を始めとした都内の盛り上がりには賛否あるところで、中には「日ごろのストレスを解消するコスプレイベント」と揶揄している方もいらっしゃるようですが…個人的には何かイベントに参加する予定はありませんが、仮装やコスプレでいつもとは違う自分になったり、なりたいものになる、という行動は、個々人が幸せに生きるためには必要な気持ち、欲求ではないかな、とも思います。

実際、心理カウンセラーの藤田大介さんという方も、『「コスプレプレイ」でストレス解消!? 心理学で読み解く現代ハロウィン』という記事で、コスプレはストレス対処をする上で大切な3つのポイントを一度に満たすことができるとおっしゃっています。

3つのポイント

・コスプレで非日常を体験することで、開放感やリフレッシュ効果が得られる

・インナーチャイルドの「したい」「なりたい」を叶えることで、抑圧されたストレスを解消する
・コスプレで役になりきることで表現力を活性化し、ストレスを解消する

 

生きていると、我慢しなければならないことも多いですし、他人の目が気になって、自分の望みを抑えることがあたり前になってしまっていることもあります。
私の知人にも「ハロウィンで仮装して楽しみたい」と思いながらも、周囲の目を気にして行動に移せず悩んでいる方がいましたが、それも実はストレス。やりたい、と思うことは、勇気を出してやってみることをおすすめします。

実は仮装やコスプレをやってみたかった、という方は、この機会に勇気を出して、ご自身の望みを叶えてあげてください。(以前仕事で男装女子の記事を書いたことがあるのですが、自宅などだけでひっそりと、主に自撮りとSNSだけで楽しんでいる、という方がけっこう多かったのが印象に残っています。いい大人が1人で家で恥ずかしい…という羞恥心は捨てて、子どもの頃の童心を思い出して、純粋に楽しんでみるのも素敵だと思います。
ただひとつ…迷惑行為など行き過ぎた行動にならないよう、ご注意くださいね。

反対に、「付き合いで仕方なくコスプレして渋谷へ繰り出す」ことを嫌に思って悩んでいる人もいましたが…それももちろんストレスになってしまいます。どうしても嫌なら、お断りするという選択肢もご自身に許してあげてくださいね。

 

個人的な楽しみ方としては、「トリックオアトリート」の精神で、ハロウィン限定のおいしいお菓子を食べることがあります。イベントを開催して楽しむのも、幸せに生きる、という観点では必要なことかと思います。

大規模なイベントとなった今、様々なストレスを生むハロウィンですが、自分に合った楽しみ方ができるといいですね。

 

本日も「Happy Method」をお読みくださり、ありがとうございました。
Happyハロウィンをお過ごしください。