Happy Method

健康的な心・体・思考・行動・習慣で幸せに生きる方法





規則正しい生活が健康体をつくる理由~健康と体内リズム

もうすぐ9月15日、中秋の名月ですね。中秋の名月というとお月見、満月のイメージですが、実は今月の満月は9月17日の早朝なので、厳密にいうと15日はまだ満月ではありません。(今まであまり意識していませんでしたが、中秋の名月は満月でないことのほうが多いそうです)。

毎月繰り返される月の満ち欠けによるこのリズムは、実は私たち人間の体にも大きく関係しています。それは「体内リズム」。私たちの遺伝子情報の中のひとつ「時計遺伝子」によるものです。

1週間=7日間の周期的な体のリズム。これは月の満ち欠けに基づく暦との関係があると考えられており、月の暦を4等分した新月、上弦の月、満月、下弦の月が繰り返すことによって体のリズムに影響すると言われています。

健康に生きるためには規則正しい生活を送ることが大切だということは、皆さんもよくご存知だと思います。けれども、なぜ良いのか、という理由をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
規則正しい生活を送ることが健康につながるのは、人間の体内には体内時計があり、体内リズムがあるからです。
本日は、体内リズムと健康の関係についてご紹介いたします。

 

体内リズム、体内時計とは?

人間の体の中には「時計遺伝子」という遺伝情報があります。時計遺伝子は健康に生きるための体のリズムをつくるもの。朝になれば自然と目が覚め、夜になると眠くなる…。このような日常の体のリズムを「体内時計」といいます。

 

体内時計の種類

人間の体の中には主に5種類の体内時計があると言われています。これらは体内で同時に働き、生活リズムをつくっています。

年周リズム(季節リズム)

1年を周期としたリズム。渡り鳥の飛来や森の動物の冬眠など、動物の習性も年周リズムです。春になると眠気が強くなったり、秋から冬にかけて体重が増加するのは、年周リズムの影響です。

月周リズム(概月リズム)

約1か月を周期とするリズム。特に女性に関係の強いリズムで、月経など女性ホルモンの分泌などに大きく関係しています。

週間リズム

1週間(7日間)を周期とするリズム。代表的なものは血圧で、血圧は1週間の中で変動があると言われています。また、学校や会社など社会面でも関係があり、体の週周リズムは1週間のスケジュールで運営されている学校や会社のような社会システムによって、徐々に1週間を区切りとする生活が定着したと考えられています。

日周リズム(概日リズム・サーカディアンリズム)

約1日を周期とするリズム。地球の自転と同じリズムです。体温が代表的で、人間の体温は朝目覚めてから上がり始め、日中は高く、夜になると下がり、眠くなるといわれています。

90分リズム(ウルトラディアンリズム)

約90分を周期とするリズム。代表的なものは睡眠で、人間は睡眠時、浅い眠りと深い眠りを約90分の周期で繰り返します。また、人間の集中力も約90分と言われています。

 

それぞれの体内リズムに合わせて健康に

昔からある一定のリズムで満ち欠けを繰り返す月と同じように、私たちの体もリズムを守り、崩さずに生きることが大切です。規則正しい生活を送ることは、人間に本来備わった力を最大限生かし、パフォーマンスを上げることにもつながります。

 

本日もブログをお読みくださり、ありがとうございました。
皆様が健康で幸せに過ごすことができますように。